「第3回機械要素技術展(名古屋)」弊社ブースへのご来場ありがとうございました

2018年04月18日

 

4月11日(水)~13日(金)に開催されました機械要素技術展(名古屋)では、「中部ものづくりUNITED」及び弊社展示ブースにたくさんの方々にお越し頂きました。
心より御礼申し上げます。

 

機械要素技術展への出展は東京での出展を含め今回が5回目でした。

毎回、ご来場頂く方々との様々な新しい出会いがあり、いろいろなお困り事やニーズをお聞かせ頂きます。

「少量板金」「2桁ロットのプレス加工」を強みとしてPRさせて頂きましたが、中にはこの強みにぴったりとマッチしたご相談もありましたし、大変高度な技術や設備を要すると思われるご相談もありました。

今回頂戴したご相談について、弊社としても対応の受け皿を少しでも広げられるよう、社員と共に知識、技術の向上に努めていきたいと思います。

 

今回は、商談席を活用してご来場頂いたお客様とじっくりお話させて頂くことに取り組みました。

商談席でのお話を通してお客様のご相談の詳細や背景を伺うことができたのは収穫でしたし、当方も落ち着いて検討、提案することができ、一定の成果があったのではないかと感じております。

 

また、展示会出展を社員教育の場としても活用するため、今回も社員16名に参加してもらい、ブースでの案内を担当してもらいました。

お客様が弊社ブースに興味を示してもらえるように、社員それぞれが何かしら工夫しながらブースに立ってくれていたのが印象的で、頼もしく感じました。

おかげさまで(というべきか?)会期中、社長はほとんどブースに立つことはなく、少しフォローに入るか商談席で話をするかということになりました。

社員の成長を感じる機会になったのも嬉しいかぎりです。

 

共同出展した「中部ものづくりUNITED」メンバー各社の皆さま、お向かいのNCネットワーク名古屋のブースで出展された「試作職人」各社の皆さま等々、今回も大変有意義な交流の機会を頂きました。中小製造業のつながりが広がり深まる、その輪の中に弊社も加わっていられるように、今後も交流を続けていきたいと思います。

 

改めて、関係する全ての皆さまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。