展示会への準備が始まっています

2016年05月09日

 

2年前に初めて出展した「機械要素技術展」。3回目の出展に向け、準備が始まっています。

開催概要は以下の通りです。

 

第20回 機械要素技術展

開催期間:2016年6月22日(水)~24日(金)

出展ブース:東4ホール 東57-28

 

NCネットワークさんの会員である中部地方の中小製造業の異分野連携としてスタートした「中部ものづくりUNITED

 

当初は飲み会の席で「展示会に共同出展でもしようか」という軽いノリから始まりましたが、参加企業も6社から8社に増え、これまでの展示会出展やお互いの会社(工場)見学を含めた定例会を通じて結束を強めながら、3回目となる「機械要素技術展」への出展は、また新しい挑戦となります。

 

弊社としてはこれまで、展示会にご来場頂いたお客様から新たな仕事を受注したというケースは少なく、出展の目的もどちらかというと新規受注獲得といった外向けのことよりも、社員の経験の場、あるいは「中部ものづくりUNITED」参加企業同士の交流といったことを重視していました。

 

今回の出展も、もちろん新規受注という目標も掲げますが、そのためにどのような展示をし弊社をPRすればよいかを、社員中心に考え実践することが大きな目的になります。

 

先日の社内打合せでは、「前田テクニカの強みとは?」といったテーマに社員それぞれが意見を出してくれましたし、「展示に動きがあったほうがお客様に注目してもらえる」「照明をうまく使って展示が目立つように」といった展示の見せ方についても良い話し合いができました。

 

このような社員主体の活動の結果として、新規受注という成果を得ることができれば、嬉しい限りです。

 

今回は展示スペースも前回より拡大し、今年から始まった「宇宙機開発プロジェクト」への参加もPR材料として、「中部から宇宙へ!」を掲げる中部ものづくりUNITED。

その一端を担う「少量板金」のものづくりをしっかりPRできるよう準備していきたいと思います。

 

 

展示会打合せ_20160412

打合せの様子