カイゼン師匠にご来社頂きました

2016年04月17日

 

先日、弊社と同じ工業団地内にある株式会社佐野テックの社員様に弊社の工場見学に来て頂きました。

 

佐野テックさんは社長様に三重県中小企業家同友会への入会をお誘い頂いたことをきっかけに、近隣ということで何かとご縁を頂いています。

 

若い人財を積極的に採用し、改善活動を推進。事業規模もどんどん拡大されており、弊社がお手本とすべき素晴らしい会社です。

 

とくに改善活動については、対外的に「カイゼン見学会」を開催し、自社のカイゼン成果を外部に発信されたり、弊社でも購読している改善情報誌「創意とくふう」にも特集ページが組まれたりと、こちらも弊社のお手本であり、実際に弊社が改善報告制度を導入するにあたり、他社の事例を勉強させて頂く際にも見学にお邪魔する等、まさに「カイゼン師匠」というべき存在の会社様です。

 

そんな師匠の社員様に弊社を見学して頂くのも恥ずかしい限りではありましたが、弊社の概要を説明し、現場を見て頂きながら改善活動の取り組みを紹介させて頂きました。

 

佐野テックさんの改善活動は、社員さんへの浸透度が高い印象があるのですが、そんな中にも改善を質を上げるうえで感じておられる課題もあるようで、弊社とはレベルの違う話ではありますが、そのような課題意識が次なる改善の源になっていくのだろうなと感じました。

 

工場を見て頂いたあとは弊社社員とも意見交換させて頂き、良い勉強の機会を頂きました。

 

すぐ近所に師匠がいるというありがたい環境を活かして今後も交流させて頂きながら、弊社の改善レベルも向上していきたいものです。

 

P1010256_BLOG