見学で多くの学びを!

2015年10月26日

 

異分野製造業の連携体として活動している「中部ものづくりUNITED」では、月1回程度のミーティングを開催し、その際メンバー企業さんを会場にして工場見学も実施しています。

 

今回のミーティングで訪問したのは愛知県の東伸株式会社様。

もとは伸銅品の卸売業としてスタートした会社ですが、その後製造業への転換を図り、現在は水栓金具、ガス機器、空調機器等の配管等に使用する部品を製造されています。

 

工場見学があるとできる限り社員も同行してもらい、勉強の機会にしてもらおうと考えていますが、今回は若手女子社員に同行してもらいました。

 

実際に訪問先で説明を受け現場を見せて頂くことで、その企業様の特徴を知り弊社のものづくりと似ているところ、異なるところを考えるのはとても良い勉強になると思っていますが、今回も考えるヒントをたくさん頂ける見学になりましたし、社員もいろいろなことを考えながら見学してくれたと思います。

 

私個人的に印象に残ったのは生産管理システムとISOに伴う文書がすっきりと整頓されていたところ。

弊社と似たような管理をしているのですが、電子データでの管理もとても工夫が感じられる内容でした。

 

やはり現場を見学させて頂く事で学ぶことは多いなと実感しますが、来週開催される「メッセナゴヤ2015」でも弊社のPRもさることながら、他社の展示からも多くを学んでもらえるよう、社員にもできるだけたくさん会場に足を運んでもらえるように開催期間中の計画を考えたいと思います。