ネットワーク対応型プレスブレーキを導入しました。

2015年01月24日

ネットワーク対応型プレスブレーキを導入しました。

CADデータとの連携、角度センサー等の活用により、曲げ加工の更なる効率化を実現します。

 

プレスブレーキ

 

■設備詳細

アマダ HD8025NT

加圧能力:800kN

曲げ長さ:2570mm(金型の都合により弊社では約800mmまで対応)

 

 

油圧とサーボモータによる駆動で、省エネかつ高精度での加工を実現。

CADデータとの連携により、加工機の操作パネル上で立体図を確認しながら加工することも可能。

角度センサーや無線デジプロの活用により、試し曲げ時の角度調整の手間を削減。

 

 

単品、小ロットの板金加工品における対応力を強化し、お客様のご要望にお応えできるようフル活用してまいります。